top of page
検索
  • 極真空手中村道場 芦屋・神戸西支部 池本理

昇段審査

国際親善空手道選手権大会の次の日に、総本部道場にて参段~伍段の昇段審査が行われました。

写真は中村 昌永代表、中村 龍志師範、ピエール・カタフォード師範

拳立て、基本、移動、型と一つ一つ細い動きを審査しました。

皆さんの稽古量がとても伝わりました。

極真空手の昇段審査と言えば連続組手です。

30人連続組手から50人連続組手までぶっ通しで行いました‼️

60代の方と言えども例外はありません。連続50人組手を行います。

やらせや偽物では真の極真とは言えません。

極限の中に真実があるからこそ極真なのです。

見事に連続組手を完遂されました!

強靭な精神力は普段の稽古から作られます。

この日の為に日々努力し、また次の日からも精進する修行は続きます!


押忍

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page